スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝凪のアクアノーツ

朝凪のアクアノーツ
朝凪のアクアノーツ
とある放課後、ちょっぴり風変わりだが可憐な容姿を持つ少女・
朝凪深緒に校舎裏に呼び出された主人公‘慧本亜樹’。

甘い告白かと期待に胸を膨らませていた彼に、
「仕方ないね。……あなたが悪いんだもんね。うん、仕方ない。可哀そうだけど」

と、深緒は金色の‘ハンマー’を振り上げる。突然の事態に困惑する亜樹に彼女は、
「トボけないでよ!見たんでしょ、わたしの‘姿’を!!」

――それは、真っ暗な闇に沈んだ海。波の音に乗って流れる澄んだ歌声。
そして、月明かりに煌いた、彼女の桃色の鱗――。

深緒が見舞った強烈な一撃で、亜樹の一風変わった夏が始まった!
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。